• 身近なことから始めるカラス駆除の方法

    カラスはどこからともなくやってきては糞をまき散らしたり家の屋根やベランダにとまったりして、衛生的にも非常に悪い存在です。しかしカラス駆除は完全に全滅させることは困難ですし、死傷させると鳥獣保護法違反になってしまうので、殺さずに追い払うという方法が一番効果的といえます。
    カラス駆除で実践しやすい方法は、いらないCDを紐で吊り下げて、光の反射で追い返すというものです。

    CDはキラキラと光に反射しやすくとても眩しいので、視力のいいカラスはその光を嫌がって寄り付かなくなるという効果が期待できます。
    また、ベランダなどカラスがとまりやすそうな場所に透明なテグス糸を巻きつけておくと、足が絡まりやすくなるため、カラス駆除にも最適です。次にカラスが住みにくい環境をつくっていくことが必要です。
    庭や外に開けたゴミ箱や生ゴミの入った袋などを置いておくと、カラスに漁られ「ここは餌の調達がしやすい場所」だと思われてしまいます。



    そうなると巣を作られるだけでなく、他の害鳥まで呼び寄せてしまうこともあるので大変危険です。



    特に生ゴミはきちんとポリバケツに入れて密閉するようにし、カラスが袋を破ることがないようにしましょう。


    カラス駆除は日々の努力が実を結びますが、どうしてもやって来てしまったり人を襲うカラスが出現した場合は、役所やプロの業者に相談する方法もあります。

    自力では無理だと思った時は思いきってプロの力を借りてみましょう。